書物は心地よい:丸善発行の万年筆ミュージアム、万年筆の印象と図解カタログ

いろいろと万年筆をあさるようになり、その流れでいろいろと書物をあさるようになりました。

[amazon]4901689606[/amazon]
最近の購入は丸善の万年筆ミュージアム、これは新刊で入手したのですが、
奥付がついていて、なんとも昭和の香りただよう、ただし中身はステキ限定万年筆を薀蓄からめて紹介しながら返す刀でマーケティング視点から辛辣に万年筆メーカーとユーザーを貫く劇薬な良著。


で、その丸善が明治時代に発行していた万年筆の冊子があり、1989年ごろに再発されたのが、

万年筆の印象と図解カタログ

[amazon]4621033395[/amazon]

ずーーっとさがしていたのやけど、
案外中央図書館においていたので、早速借りて読んだのです。これがまた、当代のハイカラさんたちが、口々に万年筆の未来をかたっており、一世紀こえた現代でのPCのごとき扱い、未来を開く道具のような按配でした。

いまなら、なにが未来を感じさせるのでしょうか?ソフトウェア?インターフェイス?

いや、手に触れられる、実存こそが未来を開くと思うのです。

てなことはどうでもよくて、同時に樹になる本、そして気になる人に出会いました。

[amazon]B000J85MGK[/amazon]
梅田晴夫氏、この方が執筆されたその名も万年筆 -博物蒐集館、1979年青土社より刊行されたこの本では、全編万年筆の薀蓄にあふれ、そのサイズはちょっとした辞書なみ。
写植すら過去のものとなった今、写植により万年筆を語るその存在そのものが
なにか歴史を感じさせて崇高な気分になったりしよります。

読んでいてもー、脳みそがよくうごきます。一言一句が脳みそに染み渡り、快楽を覚えます。
純粋に楽しいです、その薀蓄を体に染み渡らせるのが。

というか、梅田晴夫氏は、梅田望夫氏のお父さんやったんですな。ついこないだWEB人間論読んだので、なんたる奇遇。何たる邂逅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です