東京聖地巡礼

先日東京に出る機会があり、時間があったので銀座と上野をせめてきました。
銀座は50音、レモン社、伊東屋、そしてユーロボックス。
鳩居堂もいきたかったんですがタイムアウトで向かえず。次回は必ず。
にしても、50音さんは探し回りました。うろうろ探して気がつけばレモン社の前だったので先によってどんなものが出てるのか物色。ちらほらとみえる古い万年筆に物欲感じながら今回はご予算がないので見送り。
で、もう一度さがしまわしてようやっと50音さんにたどりつく。まさかの碁盤の目のような銀座マップに、まさか袋小路があるとはつゆしらず、見つけた時は宝物を発見した気分でした。
http://www.gojuon.com/

東京ご訪問

で、セレクトショップ的なかわいらしくも物欲ポイントを押されまくりの小物達から、今回はドイツの玩具万年筆、それとペン先のない万年筆のボディー二本を入手。

東京で買い物
しばらく文房具のパワーに充てられていたい誘惑を振り切り、今度は伊東屋に。
わしはここのはがき大の便せんを愛用しており、他にもどんなものがあるのかと期待大で向かう。店内に入ると、エレベーターの案内があったので最上階から味わいつくそかと向かってみるとエレベーター嬢が。いやあ文具店でエレベーター嬢がいるなんてさすが銀座。
で、最上階の画材フロアから拝見していくとそれがまたもうほしくなるものばかりで伊藤屋のふろしきとかコードバンの札入れとかポスタルコの筆入れとかガラスペンとかペリカンの日本未発売ボールペンとか全部買わずに逃げてきた。

それではとユーロボックスに。思いのほかさっくり見つかったユーロボックスの入る雑居ビルは最高のたたずまい。

東京ご訪問
入ってみれば映画エンゼルハートを彷彿とさせる手動式二重ドアのエレベーター。

東京ご訪問

なんだか増築に増築を重ねたようなばらばらの階段。この迷宮感は五感をフルに刺激してくれます。
ユーロボックスではすでに何人ものお客さんがおり、店主どのはばたばたと対応しておりました。わしは並べられたショウウィンドウをなめまわすように眺めつつ、オノトのブルドックかとおもわしき万年筆を食い入るように見つめたり、接客デスクに並べられた万年筆を試し書きさせてもらって悦にはいったり。おそらく二時間弱はねばってしまい、あわてて待ち合わせの上野に。

上野についてみると、約束の時間まですこしあったので、アメ横に万年筆あるかなとぶらぶら。
なにも予備知識なしでいったのが功を奏したのか、高架下の商店街で万年筆屋に邂逅。後から調べれは通には名の知れたダイヤストアと美都商事。他にも数店あるようなのやけど、今回はわからなかった。
この行き当たりばったり感もネット時代でそこそこ下調べ可能な昨今では、フレッシュな気分をもたらしてよいかなとおもえる。
で、ダイヤストアで衝撃をうけ、なんだかんだいってインターネットを駆使して旅気分でゆるんだ財布と相談してLamy2000のマルチペンを入手。思えば2年ほど前は高根の花と思っていたこの筆記具。この金額を安い!と思えるわしに業の深さを感じたりするのであった。

東京で買い物
応対していただいたおかあはんは使い方やクレームでよくあるけど実は仕様な部分など、インフォームド・コンセントをしっかりとされる印象。非常に好感が持てる。またご予算がいけたらよらしてもらおう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です